ブランドイメージに合わせたキャスティングが叶うメディア » キャスティングをする時に知っておきたい基本の「き」 » キャスティング手配の方法(ツテ、芸能プロダクション、代行会社、プラットフォーム)

キャスティング手配の方法(ツテ、芸能プロダクション、代行会社、プラットフォーム)

CMやPR、イベントなどにタレントをキャスティングするにはどんな方法があるのでしょう?ここでは、4つの方法のメリット・デメリットをご紹介します。

ツテを頼る
(メリット・デメリット)

知り合いのタレントやアーティスト、アスリートなどがいる場合、依頼者が自らキャスティング交渉を行うことができます。芸能プロダクションに知り合いがいるなら、そのツテを辿ってタレントを紹介してもらうのも良いかもしれません。

直接交渉するメリットは、コストを抑えられること。また、企画内容を直接伝えられるため、「こんなはずじゃなかった…」という食い違いが生まれにくくなります。

ただし、企画提案や出演料の交渉、契約、その他スタイリストやメイク担当者の手配、撮影(イベント)当日のディレクションなどを全て自力で行わなくてはならず、ノウハウのない人には難しいでしょう。

芸能プロダクションに
直接連絡する
(メリット・デメリット)

プロダクションに直接連絡して、事務所内で適切な人材をキャスティングしてもらう方法もあります。芸能プロダクションは、キャスティング可能な所属キャストについてたくさんの情報を持っているため、企画にあった人材を提案してくれるでしょう。

中間業者を挟まない直接契約なら、コストも抑えることができます。

ただし、そのプロダクションに所属しているタレントしかキャスティングできないので、イメージに合ったPRが行えない可能性があります。

キャスティング代行会社に頼む(メリット・デメリット)

キャスティング代行会社とは、企業と芸能事務所の間に立って、仲介を行う会社です。芸能事務所との豊富なコネクションをベースに、タレントのリサーチ・選定から出演交渉、スケジュール調整、料金交渉、肖像権の管理、スタッフの手配、プロモーションの実施など、依頼者に代わって引き受けてくれます。

直接依頼よりも時間がかかるうえ、コストもかかりますが、リスクを回避して効果的なキャスティングを行うことが可能です。

キャスティング手配の方法が分かったら、実績豊富なキャスティング会社4社のキャスティング例を見てみましょう!

誰をキャスティングするかで選ぶ
実績豊富なキャスティング代行会社4選

プラットフォーム型の
キャスティング代行を利用する

プラットフォーム型とは、タレントやインフルエンサーなどが多数登録されたプラットフォームに登録し、ニーズに合ったタレントを選定する方法です。

タレントの選定や金額交渉、ディレクションは企業担当者が行います。手間やコストを抑え、スピーディーにイメージ通りのタレントをキャスティングすることはできますが、プラットフォームを利用するだけですので、ある程度のノウハウがないと、利用は難しいでしょう。

しかし、中にはプラットフォームを活用しつつ、必要に応じて営業フォローも行ってくれる「営業フォロー型×プラットフォーム型」の代行会社もあります。

「費用が抑えられるのは魅力だけど、プラットフォーム型って難しそう…」という方のために、編集チームがプラットフォーム型キャスティングを実際に体験!無事、自社に合ったキャスティングはできたのでしょうか…?

プラットフォーム型キャスティングを
実際に試してみた

編集チームまとめ

タレントのキャスティングにはさまざまな方法がありますが、よほどでない限り、ツテを頼ったり芸能プロダクションに直接依頼するのはおすすめできません。繁雑な作業が多いうえ、出演料や肖像権の取り扱いなど細かな取り決めが必要で、専門知識のないスタッフが対応するのは難しいでしょう。

効果的なタレント起用を行うなら、キャスティング代行を利用するのがおすすめ。営業マンがフルサポートしてくれるタイプか、プラットフォームタイプか、自社のノウハウに合わせて選んでみてください。

TWO SELECTIONS
実績豊富なキャスティング代行会社2選
PRのために影響力のあるキャストを起用したい!など、キャストのイメージは各社異なるはず。
今回厳選した2社は、タレントを中心としたキャスティングの実績が豊富ですので、参考にしてみてください。
タレント起用なら
WEB×営業フォロー付き
クラウドキャスティング(BIJIN&Co.株式会社)
  • キャスティング実績年間10000件(※2021年度)
  • タレント以外にも多種多様な人材がWEB上で選べて、報酬や依頼内容も自分で設定可能。高い費用対の実現へ
  • 希望に応じて営業フォローもお任せできる
こんな方へおすすめ
タレントや依頼内容を自分で決めつつ
状況に応じてサポートがほしい
広報・代理店ご担当向け
HPに掲載されている
注目のキャスト例
  • talent足立梨花
  • talent塚本高史
  • talentぺこぱ
  • talent_MC福澤朗
  • youtube江頭2:50
  • athlete井上尚弥
タレント起用なら
営業フォロー付き
ヒーローキャスティング(株式会社エイスリー)
  • キャスティング実績10000件(2022年2月時点)
  • タレントを中心に10の専門ジャンルのキャスティングチームが対応
  • 撮影・イベントの当日アテンドまで対応
  • 条件にあったリストが打ち合わせ後最短即日
こんな方へおすすめ
打ち合わせを密に行い
一から十まで対応してほしい
広報・代理店ご担当向け
HPに掲載されている
注目のキャスト例
  • talent北斗晶
  • talent寺田心
  • talent坂上忍
  • 文化人羽生善治
  • instagram星玲奈
  • athlete川﨑宗則

【選定基準】
2022年1月27日時点、Google検索にて「キャスティング代行」「キャスティングプラットフォーム」での検索上位75社中、キャスティング代行のサービス内容が記載されていたのは46社でした。
その内、公式HPで実績事例を動画・画像でキャスティング内容を公表しているキャスティング代行会社に絞り、実績数もしくは利用企業、そしてキャストの人数が公式HPで掲載されていて多かった、タレント起用が中心の2社を選定。
※ただし、プラットフォーム系では、登録できる人が限られていたりする場合は除外しました。